ブログページ|千葉ニュータウンで歯科をお探しの方は千葉ニュータウンみどり歯科まで

歯に金属の詰め物がくっつくのはなぜですか? 千葉ニュータウンみどり歯科 白井 印西 歯科

2020年8月22日

土日診療、駐車場完備☆

千葉ニュータウンみどり歯科でございます。

 

本日は、歯になぜ詰め物がくっついていられるかをご説明したいと思います。

夏休みの自由研究になりそうなテーマですね。(あ、ならないでしょうかね。。。)

 

歯の表面はエナメル質といって無機質でできた部分であり、基本的には何かつけたくても接着してはくれません。

無機質とは、ガラスなどです。たとえば、窓ガラスにプラスチックのおもちゃをはりつけようとしてもそのままではくっつかないですよね。

 

 

歯も同じなのです。そのままでは、くっつきませんから専用の接着材や処理剤(シランカップリング材)をもちいてつけます。接着剤の効果で化学的な処理をしてつけていきます。

歯の表面を酸ですこし荒くしてひっかかりをつくります。

このとき、エナメル質につけるのか、エナメル質のさらに内部にある象牙質という部分につけるのかで実はくっつくメカニズムが違ってきます。

歯科ではいかに強固に接着させるかという研究が日々おこなわれています。

また、接着材のちからだけでは保てないので、金属の内側をざらざらにして機械的にも接着できるようにします。

 

プラスチックがすでに入れてあるなど、他の治療が施された歯に対しても同じように表面を処理することで金属をつけることができます。

 

金属以外の詰め物(セラミックなど)の場合も同様です。

 

お口の中で長い期間詰め物がくっつくいていられるのは実はとてもすごいことなのです。

 

千葉ニュータウンみどり歯科